スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フランスおみやげ、カウプレ当選者様発表~! 

10月16日から募集していた、
10万HIT記念、
フランス旅行のおみやげプレゼントですが、

このように、簡単ではありますが、
厳正な抽選(くじ)の結果~。

【くじを作る】
カウプレくじ
【くじを折る】
くじびき折り
【ミックスしてくじを引く】
(くじを引いたのは次女)

カウプレくじ引きパンプキンポット

【当選者様は!!】
当選者!!

手作りオタク日記の、
シャドゥボックス講師をされている、「Kazumi」さんに決定しました~~

おめでとうございます!本当にささやかで申し訳ないですが、
送らせていただきます!!

残念ながら、当選しなかった方、申し訳ありません!!
少しはワクワクしていただけたかしら?

誰もいなかったら寂しすぎる~。と思っていたカウプレを
支えてくださって、本当にありがとうございました!!!
感謝、感謝です

カウプレには参加されなくても、
ブログに遊びに来てくださっている方、
いつもありがとうございます!

旧ブログから振り返ると、ブログを日課にして4年が過ぎました。
これからも、作品を作る励みに、家族の記録に、
マイペースですが、
このブログを続けていきたいと思います♪

よろしければ、思い出した時に遊びにいらして下さいね。

ありがとうございました!!

お帰りの前に、以下、3つのランキングバナーを押していただくと、
1日1ポイント入ります。更新と作品作りのパワーになりますので、お願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2010/10/25 23:33 ] フランス旅行 | TB(0) | CM(2)

パリの羊毛屋さん、ラデュレ、セーヌ川、ノートルダムへ。 

フランス旅行5日目

おみやげカウプレ、締め切りました!

この日は、フランス名物?ストライキ!メトロも電車の本数が減って、
満員電車
日本と違うのは、駅員さんが押さないので、乗り切れないこと。

この日は火曜日、ルーブルが定休日だったので、オルセー美術館へ。
ところがやってました、スト!予告はしていなかったので、
大丈夫かと1時間並びましたが・・・。結局、「本日は休館します。」
オルセー美術館
入れて~~

私は夫に並んでもらっている間に、近くのお店を見たり、
クロワッサン&コーヒーと一緒に、駅の売店で可愛い手芸雑誌を購入
刺繍とカルトナージュが載っていて、お手頃価格!

手芸雑誌

仕方ないので、近くのバトビュス(船のバス)乗り場で、
1日券€12.2を買って、セーヌ川からの眺めを楽しみながら、
ノートルダム寺院へ。

ノートルダム寺院 ノートルダム寺院バラ窓

開いていたので、登るぞ!と思ったら、そこはストの為、お休み
またバトビュスと徒歩で、コンコルド広場へ。
マリーアントワネットが処刑された場所です。

コンコルド広場

メトロの乗り場を探していたら偶然見つけたラデュレでランチ
ラデュレ ラデュレマカロン ラデュレ店内
ラデュレランチ ラデュレ店内マカロン ラデュレキャンドル
憧れの店内マカロン♪と思ったら、東京にもあるんだね。とパンフで発見。
でも店内も、お菓子も雑貨も、素敵でした~キャンドルを購入。

メトロで、シャンゼリゼ通りへ移動。
やっぱりパリに来たからには、ミーハーで、
ルイヴィトン本店へ。(30分程並びました。)
寿命だったお財布を新調。円高でかなりお買い得

ここで、ヴェルサイユ宮殿で見た「村上隆氏」のイラスト×ヴィトンコラボ財布や
スカーフ商品発見!そんな有名な人だなんて、知らなかった~。


ヴィトン財布 ロクシタン

これもお買い得!と、ロクシタンでも買いだめして、
一度ホテルに荷物を置きに行き、オペラ地区の、
パッサージュ・ジュフロアの中にある、ミニチュアのお店屋さん、
「パン・デビス」へ。
実はここが一番のお目当て。どうしても外せなかったのは、
羊毛を扱っているから~~~♪
見ているだけで楽しくて、1時間くらいいたかな?夫が怒り気味でした

パン・デビス
パン・デビス2 パリの羊毛屋さんで買ったもの。

多分、日本でも買える、もしくは似たような色を持っているかもしれないけれど、
山のように羊毛を買ってしまいました!
質感が変わっている、ニードルにも水フェルトにも加工しやすそうな羊毛です。
本や、ニードルホルダーも♪(そのうちオークションに出そうかな)

カルトナージュの展示会作品に使うミニチュアもいいものを見つけました♪
また完成したら、作品アップしますね

その後、ラファイエット(百貨店)に行って、
もう一度バトビュスへ。ストの影響か、夕日と共に見る景色がいいのか、
満席でした!

アレクサンドル3世橋

私がルーブルを見て、夫に、「あれ、何?」
と言うのを聞いた、隣の席のフランス人マダムが、
以後、ずーっとフランス語で見所を解説してくれました
ほとんど分からなかったけど、つたない英語でなんとなく会話し、
私達が降りると、周りのフランス人、皆が手を振って見送ってくれました
優しいやん、フランス人(私の焦りっぷりが面白かったのかな。)
↑写真は、マダムがパリで一番美しい場所。と言ったと思う、
アレクサンドル3世橋から見る、エッフェル塔。

帰りのメトロでは、大きな紙袋を持った私に、
女の人が「英語話せますか?」と近づいてきた。
「私より、夫の方が話せます。」と夫にふったら、
「あの人(私)の荷物を、さっきからスリが狙ってますよ。」
とのこと。夫はその人も怪しい(え~、そんなもん?)
さり気なく車両を変えた。

紙袋の中は羊毛ですけどね


フランス旅行記もあと1日!お付き合いいただいて、ありがとうございます。
懲りずにまた是非遊びにいらしてくださいませ♪ぽちも↓

お帰りの前に、以下、3つのランキングバナーを押していただくと、
1日1ポイント入ります。更新と作品作りのパワーになりますので、お願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
人気ブログランキングへ
[ 2010/10/25 00:22 ] フランス旅行 | TB(0) | CM(2)

モン・サン・ミッシェルと羊さん&ノルマンディーの田舎町へ。 

フランス旅行4日目

おみやげカウプレご応募受付中!応募はこちらから。

憧れの世界遺産、モン・サン・ミッシェルへ行ってきました

飛行機、ホテルも夫が手配した個人旅行だったのですが、
唯一、モン・サン・ミッシェルへは、ツアーに入りました。

お薦め!→エミトラベル・パリさん

朝の7時(まだ真っ暗!)にパレ・ロワイヤルをバスで出発、
やっぱり、ツアーのガイドさん情報はすごいな~。と感心しながら、
フランス旅行に役立つお話しを沢山伺い、
約2時間半後、サービスエリアでトイレ休憩。

度々会う、日本人ツアーのガイドさんたちは、皆トイレの心配をしていた。
解散したら、ツアー客たちは一目散にトイレに並ぶ。

「時間がないので、カップルの方は、男性と一緒に何気なく(笑)
男性トイレにも入ることをお薦めします。」
それくらいフランスの観光名所は、どこも女性トイレは長蛇の列
で、私、物心付いてから初めて、入っちゃいました!!
(おばちゃんになったぁ~。笑)

なんだか、この旅行記、トイレの話ばっかりですが(笑)
それくらい、日本と違って、トイレ事情が悪い。
モン・サン・ミッシェルでは有料。入り口で€0.4払って入りました。
フランスには絶対「トイレの神様」いないな。

ドライブ・インで、クロワッサンとコーヒーのセットを食べる。
クロワッサンは、どこで食べても美味しすぎました~!!

そこからノルマンディーの田舎町、「ボーモン村(Beaumont en Auge」
へ立ち寄りました。
ボーモン村1 ボーモン村2 ボーモン村3

なんて可愛いお家の数々
天文学者ラプラスを生んだ、星が美しく見える村。このドア欲しいなぁ~
ラプラスさん かわいいドア カルバドスとコンフィチュール

村唯一の雑貨屋さんで、ノルマンディー地方の産物、コンフィチュールや、
カルバドス(りんごのお酒)などを買いました。

いよいよモン・サン・ミッシェルへ。

モンサンミッシェルと羊ちゃん

大好き、羊さんがいるー
お顔や手足が黒くて、海水を含んだ草を食べているので、
美味しくて高級な羊さんなんだそうです。(羊毛だけ欲しい~。)

モンサンミッシェル のコピー
日本では「なんと(710年)綺麗な平城京」が出来た頃、
708年、聖オベール司教の夢に、大天使ミカエルが現れて、
この岩山に聖堂を作るように告知したのがはじまり。

それを信じなかった司教に腹を立てた「ミカエル」は、
3度目現れた時、司教の頭蓋骨に指で穴を開けて、夢ではないことを教えたのだとか。
(他に方法はなかったの?!今でもその頭蓋骨は保管されているそう

大天使ミカエルとオベール司教の彫刻 モンサンミッシェル外壁からの眺め  周辺の海 修道院付属協会

それから13世紀までに、様々な時代の様式で建てられて、
ほぼ現在の姿になったそうです。
巡礼地として、歴史の移り変わりと共に、
英仏百年戦争の城塞になったり、フランス革命反対制派の監獄になったり。。。

そんな歴史背景を感じながら、美しい建物、風景の中を歩くことができて、
この場所にいるだけで、感動でした

モンサンミッシェル下から 騎士の間 最上塔


モンサンミッシェルでは、オムレツが有名。老舗は、ラ・メールプラールのお店。
私達は、その弟?さんのお店、レ・テラス・プーラールでツアーの方々と食事
「モンサンミッシェルオムレツ」は、初めて食べた食感。
ふわっふわに泡立てた卵を、たっぷりバターで焼いているそうです。
また食べたくなる美味しさ
モンサンミッシェルお店 モンサンミッシェルサラダ モンサンミッシェルオムレツ アップルパイ

お隣が一人で旅行されているマダムで、楽しくおしゃべり。
私もいつか一人でフランスに来たいな~
こういう出会い、ツアーもいいかも♪

最初に食事をして、自由行動だったので、短い時間でも、
修道院の見学やおみやげを買ったり、郵便局で子供達や両親達に絵葉書を送ったり、
楽しめました。そういえば、ヴェルサイユでもハガキを買って出したんだけど、
まだ着いてません・・・。どこを旅してるんだろう。
私もまだ心は帰ってきていませんが

モンサンミッシェルのおみやげ モンサンミッシェルハガキと指貫 ヴェルサイユのハガキと指貫

一日かけて行ったモンサンミッシェルツアーも、パリに20時半に到着して終了。
夜は、駐在の方推薦、オペラ地区のビストロ、
「ル・メスチュレ(Le Mesturet)」でディナー

日本語メニューもあって、店員さんのサービスもよくて、美味しかった♪
ル・メスチュレ前菜 ル・メスチュレメイン ル・メスチュレデザート

翌日は念願の、パリの羊毛屋さん、ラデュレ、ノートルダム寺院など~
長くてすみません~。作品も作ってます~。

また是非遊びにいらしてくださいませ♪ぽちも・・・

お帰りの前に、以下、3つのランキングバナーを押していただくと、
1日1ポイント入ります。更新と作品作りのパワーになりますので、お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

[ 2010/10/22 14:34 ] フランス旅行 | TB(0) | CM(2)

ヴェルサイユ宮殿に何が?!エッフェル塔、凱旋門へ。 

フランス旅行3日目。
おみやげカウプレ募集しています応募はこちらから。

この日はフランス観光の王道を一気にメトロと電車で回りました
メトロは初日に回数券を窓口で買いました。
「アン カルネ スィルブプレ」で買えると夫に聞き、
追加を買う時、私も挑戦。「カルネ」を回数券と分からず、
「ドゥー カルネ スィルブプレ」と言ってしまったので、
残り2日の日に、2組、20枚渡されて、あわあわ。。。
(払い戻ししてもらいましたが。)

滞在先のオペラから、メトロ「アンヴァリッド駅」でRERに乗り換えて、
「ヴェルサイユ リヴゴーシュ駅」でヴェルサイユ宮殿へ
ヴェルサイユ宮殿正面

これぞ、ヴェルサイユ!マンガや歴史の本で見たものが現実に!
しかし、チケット買うのに約1時間、入場するのに30分以上並ぶ。

結局団体客が紛らわしく一般客の列に並んでいて、私達はそこに並ばずとも、
チケットを見せたらすぐ入れた!この後行く凱旋門で元が取れるので、
パリ・ミュージアムパスポート2日券32€を、→事前に日本から買えるサイト
で買っておくべきでした!

入っていきなり、明らかに周りの雰囲気と違う作品が・・・。
借りた日本語オーディオからも説明が。どうやら、日本のマンガの世界を芸術として表現されている、
村上 隆氏の作品も、展示中とのこと。

ヴェルサイユ宮殿での村上氏作品展記事

村上さん作品が・・・。←唯一撮った写真。ブレてますが・・・。クリック拡大。

ちょっと、どうなの?決してその作品自体は悪くないと思うんですが、
ここにあるのはどうも違和感がある。

ずっとフランスに住んでいて、ヴェルサイユを見飽きた人には新鮮かもしれない。
でも、世界遺産を楽しみに、はるばる外国から見に来た人の気持ちは?
随所に20ほど作品があって、メイド服の女の子の作品(でかフィギュア)とは目を合わせられなかった。
賛否両論あると思いますが、私は別々に見たいものだと思いました。

でも、トラックも、クレーンもない時代に、50年かけて、
丁寧に作られたヴェルサイユには、作り手のこだわりと歴史を感じて感動。
ヴェルサイユ宮殿鏡の間 マリーアントワネットの寝室
鏡の間、王妃の寝室。一般市民も、ここでの公開出産を見に来たらしい!過酷な出産
ここでも気づく。トイレがない!
この広い宮殿の中に、トイレは1つだけ。それも、王だけが使えたもので、
あのふんわりドレスも、中におまるを入れて、そのまま用をたすために、
ハイヒールも、汚物を踏まないために出来たもの。とも言われているとか。

庭園も広くて見所いっぱい。マリーアントワネットが愛人と会っていた愛の神殿。
私はそこから子供達に電話しました
愛の神殿 噴水ショー
噴水ショーを楽しみに待っていたら、クラッシック音楽と共に、全ての噴水が高く吹き上げる、
ただ、ただ、それが長く続く・・・。ディズニーシーばりのショーを期待していた(?)
沢山の観光客は、立ちあがって噴水を覗き込む。何も起きない(笑)

ヴェルサイユを後に、RER「シャンド マルス トゥール エッフェル駅」へ。
エッフェル塔~!! ↓最上階から見つけた凱旋門。
エッフェル塔の下 凱旋門が見える エッフェル塔
フランス国旗の色のような空と共に撮れました

メトロ「トロカデロ駅」から「シャルル ド ゴール エトワール駅」で下車、凱旋門へ。
凱旋門 シャンゼリゼ通り 観光名所おみやげ
 
ここも登りました。シャンゼリゼ通り。観光名所おみやげ↑

シャンゼリゼ通りのヴィトン本店へ。閉まってましたが、ディスプレイが綺麗。
また来ることにして、向かいの有名カフェ、フーケッツでディナー
とても雰囲気のある素敵なお店。
ヴィトン本店 フーケッツ

一番効率よく回れた日でしたやっぱり約2万歩。
次はモン・サン・ミッシェル

また是非遊びにいらしてくださいませ♪ぽちも・・・

お帰りの前に、以下、3つのランキングバナーを押していただくと、
1日1ポイント入ります。更新と作品作りのパワーになりますので、お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

[ 2010/10/20 09:01 ] フランス旅行 | TB(0) | CM(2)

モンマルトルの丘収穫祭&雑貨屋めぐり。 

フランス旅行記続きます。
おみやげカウプレ募集しています応募はこちらから。

まだ旅行2日目でした(´□`川)ゝ
芸術家の街(ルノワールやゴッホなども住んでいた)モンマルトルの丘へ
登ってみることにしました
可愛いお店が並ぶ町並みを抜けて、丘へ続く階段を、ひたすら登ります

モンマルトル雑貨店 モンマルトルの丘への階段入り口 モンマルトルの丘からの眺め

アベス駅の階段
でパンパンになった足にムチ打ち、さらに登る、登る、登る・・・。
階段を登りきって、ほとんどの人はケーブルカーで登ってきていることに
気がつきました(。´-д-)マタヤッタ。。。

丁度10月第2土曜日はぶどうの収穫祭で、
フランス各地のワイン産地から、業者が来ていて、
ワインやパテ、お菓子などの露店が並び、試飲できたり、
パレードがあったりして、フランス人といっぱいぶつかりました。
(ぶつかった時はPardon!(パルドン)

ワインのコルクが浮いてる♪ 収穫祭パレード1収穫祭パレード2 

ここまできたら、サクレ・クール聖堂も登っちゃう
一山のぼった気分で見ることの出来た風景は、絶景
遠くにエッフェル塔

サクレ・クール寺院2 サクレ・クール寺院からの眺め~エッフェル塔

フランスでは何が困るって、トイレがない!
満員電車のような人なのに、公衆トイレを見つけられず(駅にもない)
カフェに入りました(^^;)そういえば、蚤の市で公衆トイレに入ったけれど、
床をまるごと洗っちゃう感じのおおざっぱさ。

かわいいキッチン雑貨店 ワイン モンマルトルで買った雑貨
帰りにいくつかの雑貨屋さんによって、ワイン型のワインオープナー、
音符型のティースプーン、カフェオレボウル、ピック、木製カレンダーなどを買いました。
歩きすぎて、(2万歩越え)生地屋さんまで足をのばす元気なし。

このカレンダー、娘達へ。帰国してから気がついた。
次女のカレンダーの数字がどう探しても、3、4,5がない!
帰宅した14日がイキナリ作れず、がっかりした次女。「お母さんにあげる」
もはや交換不能~・゜゜・(/□\*)・゜゜・

夕食はモノプリのデリで済ませて、
ついでにプチおみやげ買い。塩や調味料、
日本であまりみかけないシリーズの、ボンヌママン。
モノプリ調味料 モノプリボンヌママン
瓶がかわいいヨーグルトは旅行中6個も食べました(^^)
バニラビーンズが入ってて2つ€2,6は安い!美味しい!
↑雑貨屋で、空き瓶が1€で売っていました。知らない旅行客、買っちゃうかも!

3日目からは弾丸個人観光。
また是非遊びにいらしてくださいませ♪ぽちもどうか・・・


お帰りの前に、以下、3つのランキングバナーを押していただくと、
1日1ポイント入ります。更新と作品作りのパワーになりますので、お願いします

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
人気ブログランキングへ
[ 2010/10/18 19:09 ] フランス旅行 | TB(0) | CM(0)
いらっしゃいませ♪
Facebookページ
Twitter
プロフィール

chocolatbox

Author:chocolatbox
アメーバブログ」にお引越ししました。

※当blogに掲載されている画像、
文章の無断使用、
オリジナル作品の無断複製、販売はお断り致します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。